FX初級者のための取引方法解説ブログ

FXは「勝てる」よりも「負けない」が大事。FX初級者のための基本的なFX取引方法について解説します。

シストレのレバレッジは

システムトレード(シストレ)と言うのは、当然ですがトレードなのでレバレッジは25倍までであれば自由です。

かつてレバレッジで100倍のように異様な倍率のものをネットでは見かけたかと思いますが、コチラについては「過去のトレードでは認められていた」と言うだけで、今ではレバレッジも規制対象となっているので25倍までで上限となっています。
勘違いされやすい部分なので補足をしておきました。

そして、前述のレバレッジですが・・・、システムトレードでは「何倍のレバレッジで取引するのがいいのかがわからない」と言う状態に陥るでしょう。
システムトレードは勝率が高いとされているので、それなら強気のレバレッジでいいのか?なんて考えてしまいますね。
ですが、先ほどの通りで日本国内のFX業者の最大レバレッジは25倍となっていますので、25倍付近と言うのは「かなり高いレバレッジ」と言うのを忘れないようにしておきましょう。

実際にシストレをFX業者で行う際には、レバレッジはどのくらい効かせれば良いのでしょうか?とスタッフに質問をしてみると良いです。
「その時の相場で妥当なレバレッジ」について案内してくれますし、多分、3~7倍が最も多いでしょう。

今では初心者に対して無茶なレバレッジを利かせようとしてくる業者は少ないので、このようなレバレッジで取引をするのが理想ともされています。
レバレッジについてはよく考えずに、システムトレードで何度もトレードの経験を積みたいのであれば「1倍で固定」としておき様子を見ましょう。
滅多な事では1,000円の損益も出ないので、レバレッジの必要性と言うものを理解できます。

また、システムトレードの強みは「寝ている間にも取引が出来る」なので、長期的な投資でどれだけ儲けるかが肝心です。
なので、システムトレードの場合には金利で儲ける事も考えて、「余り相場が動かないものでレバレッジも利かせない」と言うテクニックもあります。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

シストレの勝率

今では特に耳にする事になったトレードの手法が「システムトレード」。
システムトレードはシストレと略されている事もあります。
そして、そんなシステムトレードなのですが、肝心なのは「勝率は高いのか?」と言う面でしょう。

自分が実際に使ってみた経験なのですが、勝率についてはそこまで高くありませんでした。
確か20回ほど運用をして、勝率は3割より上と言う感じです。
ですが、自分で全て決めてトレードをする「裁量トレード」の場合には、4割以上も勝てていたのに「損益と言う結果」になったので、今ではシステムトレードにしています。
そもそもシステムトレードの最大の特徴は、「危険な取引をしない」と言う点です。

なので、トレードスタイル的には長期投資に向いているのがシステムトレードなので、実際にFX業者でもそのようなトレードの際にオススメのトレードツールとして紹介をしてきます。
私もそれが元でシステムトレードを知るようになりましたし、何よりも「勝率を上げられるオプション」が多いのが良いですね。
具体的にはストラテジーとされている、実際のデータから割り出されているシステムトレードの雛形が便利でした。

こちらは、例えば「日本円/米ドル」のようなストラテジーだと、今にもっとも適しているとされている設定で自動の取引ができるようになるのです。
なので、「自分で情報を収集する」面倒については、このストラテジーで吹っ飛びますので、実を言うと時間だけであればシステムトレードを使った方が圧倒的に優位なのです。
情報をまとめた後自分で分析をする・・・と言うように思われていますが、「分析結果についても出力」してくれるのでオススメの取引から自分好みのものを選ぶだけでいいですよ。
これが、今ではサラリーマンであったりビギナートレーダーがFXをするようになった理由ともされています。
実際にシステムトレードを使うと、1回の取引がものの1・2分ほどで行えるようにもなります。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

2009年の3月のユーロに見られるリバウンドと居直りの良い例

ユーロの2009年の3月という時期は、2つの専門用語が関係している時期です。リバウンドと居直りです。ご自身でもFX業者のチャートを用いてこの時期の値動きを月足で確認すると、よく様子がお分かり頂けると思われます。
2008年の170円から下落をして、2009年の1月には113.3円にまで下落をしてしまっているのです。それは、本当にすごい事なのです。
もしも2008年の170円台でユーロを1万通貨買ってしまっていると、少なくとも56万円の損失になってしまうからです。もちろん、より多くの枚数を買ってしまうと更に損失は拡大してしまいます。
そして、この下落が強烈なら、リバウンドも強烈でした。一時期は113.3円というとんでもなく安い値段を記録したユーロも、2009年の3月には134円台を記録しているのです。
これまた、113.3円台でもしもユーロを買っていれば、3月には20万円稼げた事になります。もっとも、それは結果論ですが。
これが「リバウンド」という用語で説明される、下落から上昇に転じた現象です。「居直り」とも呼ばれます。先物取引の用語です。どちらもほぼ同じ意味ですね。
いずれにせよ113円台で買っていれば大儲けはできた訳ですが、そういう時も損切りは忘れないようにしたいものです。113円で買ったのは良いものの、一転して再びリーマン・ショックの下落が再開をするかもしれないからです。
実際、後になると下落が再開されるのですが。くれぐれも損切りだけは徹底をしたいものです。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

リーマン・ショック後のユーロの一番天井と二番天井

171円と113.3円と137.1円と140.7円という重要な数字が有ります。これは、リーマン・ショックに関係するユーロの値段です。

一番最初の171円というのは、リーマン・ショックが起きる前にユーロが記録していた値段です。その次の113.3円というのは、リーマン・ショック後の2009年1月にユーロが記録している値段です。いかに当時にショックが凄まじかったかを物語っています。

ところがその後3ヶ月かけて、ユーロは値段を上昇させます。3番目の137.1円にまで上昇をします。それが2009年の4月です。

翌月は、いったん下落をします。そして4番目の140.7円が、2009年の6月に記録している値段です。

ところで、この状況を説明するのにふさわしい専門用語が有ります。それが「一番天井」という用語です。まさにリーマン・ショック後の137.1円などはそれに該当します。

2009年の6月に記録している140.7円も一つのポイントです。1回目の上昇を2回目の上昇が上回っているのです。

この時、上記の137.1円のような値段を一番天井と呼び、140.7円の事を二番天井と呼ぶ事が有ります。

では三番はどうなのでしょうか。残念ながら三番目は不発に終わっています。

いずれにして、このように一番天井と二番天井は現実に発生しています。高い値段を記録していったん下落をした時というのは買うタイミングと考える事もできるのです。

ただし、必ず二番天井ができるという訳ではありません。二番が発生しない事も有ります。その時に大損をしないように、しっかりと対策をしておくのが重要です。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

先物取引の売り安心の状況はFXでもよく有る

先物取引の専門用語の一つに「売り安心」という用語があります。ところで、何が安心なのでしょうか。損失が発生する可能性が比較的低くて、安心という状態です。

この用語が使われるのは、主に取引商品の価格が下落している時です。先物取引では、売りから入る事もできます。売りから入ると、取引商品の価格が下落すれば利益になるのです。

貴金属の金を空売りしているのならば、金の値段が下がってくれた方が嬉しいという訳です。

ところで売り安心という状況は、その下がっている状況がしばらく続く状態の事を指します。しばらくは金の価格が上がりそうもないので、空売りをしている人にとってはしばらくは安心という訳です。

ところで、FXにもそれと同じような状況は有るのでしょうか。しょっちゅう有ります。

私が今までFXの短期売買をしてきた経験上、なぜか午前中にそういう状況が発生する事が多いようです。しばらくの間は、下落が止まらないという状況です。もっとも「しばらく」と言っても、必ずどこかのタイミングで下落はストップするものなのですが。

つまり、FXにも先物取引にも、しばらく下落が継続するという状況は頻繁に有るという訳です。

そして先ほど「下落はストップ」と書きました。下落がストップする以上は、売り注文をした人にとっては思わぬ上昇で痛い目を見る可能性も有るという事です。

そういう意味では、決して「安心」はできません。そういう時の事も考えて、損切りをする癖は付けておきたいものです。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

パスワードは細かく変更をするべき

FXで取引をする為には、我々は毎回IDとパスワードを入力します。

そして、その情報は非常に重要な情報です。

IDとパスワードは誰か他人から見られないように、十分に注意をする必要があります。

誰か悪意がある人に見られてしまったら、それを悪用される可能性があります。

具体的には、あなたがFX業者に預けている大事なお金を全部引き出されてしまう可能性などが考えられます。

くれぐれも厳重に管理をしたいものです。

ところで、そのパスワードは変更はできるのでしょうか。

変更できます。

パスワードの変更は、実はほぼ全てのFX業者はできるようになっています。

FX業者によっては、むしろ細かく変更するように注意を呼びかけている会社もあります。

その理由は、やはり誰か悪意が有る人に覗き見をされてしまった場合です。

誰かがそのパスワードを目撃して、不正にログインをしようとします。

ですがその際にパスワードが変更されていれば、その悪意がある人はログインができません。

私は昔の会社で、1ヶ月に1回はパスワードを変更するように言われていました。

それも同じ理由です。

同じ社内なので悪意のある人は居ないと思われますが、万が一という事も有るからです。

一般企業でも、それ位慎重にパスワードを取り扱っているものなのです。

ほとんどのFX業者ではパスワードは変更はできるのですから、細かく変更しましょう。

ある意味、そちらの方がFXでの取引よりも重要かもしれません。

あなたの口座からお金を不正に抜き取られてしまっては、大変な事件だからです。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

具体的な元手を算出する方法

ある人が「投資は元手が沢山必要なので、できない」と言っていた事があります。

その人は、投資経験は皆無なのだそうです。

投資経験が皆無なので、FXの経験もありません。

実際、私もFXを始める前まではある程度まとまった元手が必要なのかなと思っていました。

ところで、現実はどうなのでしょうか。

結論から申し上げると、当然必要です。

そもそも元手がゼロ円ですと、利益も損失も発生しません。

それでは、具体的には幾ら必要なのでしょうか。

この質問に対しては「あなたが取引をしようとしている外貨の現在の為替レートと取引をしたい枚数次第です。4千円程度が最小目安です」という表現が一番正解に近いかなと思われます。

まず、算出方法を理解しましょう。

1ドル100円の米ドルを買うためには、もちろん100円が必要です。

1万ドル買うには100万円必要です。

現在のレバレッジは25倍が最大なので、4万円あれば1万ドルを買えます。

そしてFX業者によっては1000ドルなどで取引ができます。

そのため、1ドル100円の米ドルを1000通貨買うためには最低でも4千円の元手が必要になります。

したがって、上記の「4千円程度が最小目安」という数字が出てくる訳です。

意外と小額の元手で取引が可能とも言えますね。

もっとも、この数字は現在の為替レートによって変わってくるものです。

より多くの枚数での取引をするのなら、さらに元手も必要です。

元手を知るためには、上記の算出方法だけは覚えておきましょう。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

株とFXの口座開設の共通点と相違

株式取引をするための口座開設には、幾つかの注意事項があります。
まず、書類が必要です。免許証や保険証などの、いわゆる本人確認書類です。
そして印鑑も必要です。ただしシャチハタなどは受付不可となるケースが多いですね。
この身分証明書を証券会社に送る必要があるのですが、基本はパソコンでアップロードするのがお勧めです。写メなどでの画像でも本人確認書類が鮮明に映っていれば問題ありません。写真が不鮮明な場合、証券会社から再提出と言われる事も有ります。
それと同時に、WEBで申し込む時には個人情報の入力も必要です。このタイミングで、口座は特定口座にするか否かと聞かれる事がほとんどです。税金を簡単に処理したいのならば、特定口座を選んで源泉徴収ありを選んでおくのが無難です。
こうして口座開設の申込をしたら、数日後に証券会社から書類が送られてきます。書類に記入をして、返送をする必要があります。この書類を審査され、合格ならば取引ができるようになるという流れです。
証券会社によって、若干流れに差は有るかもしれません。基本は、この流れです。
そしてこれはFXの口座開設の流れと酷似していますね。FXも基本的にはこのような流れで手続きが進みます。
ただし、書類審査は基本的にはありません。
審査があるタイミングは、入力フォームの情報と本人確認書類をFX業者に送信した直後ですね。ただ、FXの審査は私は個人的にはかなり通りやすいと思います。そしてFXには特定口座という概念自体もありません。FXでは印鑑も不要です。
このようにFXと株式取引は手続きの流れは似ていますが、審査や口座の種類などに若干の差が見られるという事になります。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

携帯電話の取引の機能の制限

とあるFX業者では、携帯電話を用いてFX取引をする事ができます。その業者に限らず、最近はほとんどの業者がモバイルに対応しています。モバイルで取引できる事は、トレーダーの立場からは非常に助かるものなのです。
特にサラリーマンなどの場合は会社で作業をしている間は取引ができません。会社員という立場上、あまり公に取引ができない事も有ります。会社に向かう出勤の電車内でモバイル取引をしている人も多いですね。
このようにモバイルは頼もしいものなのですが、注意するべき点も幾つか存在します。
例えば、とあるFX業者ではモバイルのサービスを提供しています。ところが、その会社が提供している全てのサービスを利用できるわけではありません。
利用できる機能が限られてくるのです。
例えば、トレール注文と呼ばれる機能です。この機能は利益を拡大したい時などには非常に有利な注文方法です。私も雇用統計が発表されたタイミングなどでは、この注文方法には非常にお世話になりました。
ところが、モバイルですとその注文ができませんので注意が必要という事になります。
また、為替レートはリアルタイムには動きません。いちいち「更新」のボタンを押さないと、最新の為替レートが表示されない等のデメリットが有ります。
モバイルは確かに頼もしいですが、これらの事実を考慮するとパソコンでの取引が主体とも解釈できます。
ただ、機種によっては対応できる事も有るようです。
詳しくは、各自がご利用の業者のホームページやコールセンターなどで確認をして頂ければと思います。

posted by thegreen in 初級脱出 and have コメントは受け付けていません。

利益もそれなりという事は知っておいて欲しいと思います

資産運用してみたいと思っている方って結構いるのではないでしょうか?サラリーマンしかり、主婦しかりそして定年を迎えた高齢者なども資産運用を一度は考えたことがあるのではないでしょうか?しかし、
投資初心者にとってみればどの投資を選択すればいいのか?どの会社を選択すればいいのか?どれくらい資金が必要なのか?といったようにいくつも立ちはだかる壁によって阻まれる事も少なくないようです。
しかし、それだけの壁だけで投資そのものを諦めてしまうのは非常にもったいないと思います。
なぜならFX、その中でも外為どっとコムを利用すれば初心者であっても何の予備知識もなくそして気軽に投資を始めることができる料金設定になっていますので誰でも気軽に始めることができるのです。
初心者が投資に関して問題点にしているのがやはり初期投資をする際の料金でしょう。
しかし、外為どっとコムではわずか千円から投資を始めることができますので全く問題は無いと思います。
確かに千円の証拠金ではリスクや怖さというものは感じないでしょうが、利益もそれなりという事は知っておいて欲しいと思います。
千円で何万円、何十万円という事は難しいと思ってください。
それだけ稼ぎたいのでしたらやはり証拠金もそれなりに捻出する必要があるのです。
そして他にも外為どっとコムが初心者に選ばれるわけというものがあります。
先ほど予備知識もなく出来ると言いましたが、FXには専門用語や通貨の動向を読む力や情報を読み解く力が必要な事からある程度の知識が無ければ勝てるものも勝てません。
しかし、外為どっとコムでは豊富な取引ツールに加え、高機能チャートを搭載していますので自分で情報を分析したり、相場を予想することに不安があってもプロの予想を知ることでそれを反映させることでより確実予想が可能となっているのです。

posted by thegreen in 売り買いの基本 and have コメントは受け付けていません。